08< 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.>10

国民健康保険でお困りの方いませんか?国保料の滞納で資格証や短期保険証でお困りの方の力になれればと思いブログを作りました。一人で悩まずに、いっしょに頑張りましょう。

みんなが安心できる国民健康保険

 09月の記事一覧 
--
--/--
--
Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted on --:--:-- «Edit»
  tb: --     com: --
2008
09/27
Sat
Category:国民健康保険

国民健康保険 

国民健康保険って何でしょう。

日本は国民皆険制度で、健康保険には赤ちゃんから老人まで、そして働いていても無職であっても加入が義務付けられている制度です。

大企業の従業員の方は、各会社が運営する健康保険組合、そして中小企業の方は政府管掌健康保険組合、公務員の方は共済組合、医師や建設業界の方は職業国民健康保険などの加入が義務付けられています。
そして、上記のいずれにも該当しない人たち、例えば自営業者、無職人、高齢者など実に多くの方に加入が義務付けられている制度です。
そしてこの国民健康保険は市町村が運営している保険です。

つまり国民健康保険とは、国が掲げる国民皆保険制度のなかで、職域保険に加入できない全ての人に加入を義務つけた制度です。

今、この国民健康保険が、そして国民皆保険制度が崩壊の危機に瀕しています。
国保税(料)と窓口での負担増、滞納者に対する懲罰的な制裁処置。国保の滞納者の多くは、不況や小泉改革のお陰で所得が激減してしまった方、年金を減らされた高齢者の方など、社会的な弱者の方が多いのも現実です。
そして年々減らされる国の社会保障費など、多くの問題を抱え、制度崩壊の危機を迎えています。

私は国民権保険は国が責任を持って運営する国民のいのちと健康を守る最後の砦、社会のセーフティネットと考えています。

実は私も国保税滞納世帯で市から制裁処置を受けていた世帯です。事業が上手くいかず、赤字に転落して所得が激減しましたが、国保税は下がらず、塗炭の苦しみを味わいました。払いたくとも払えない、貧困世帯でした。
それが、ある方々の力と応援してくれる皆さんのお陰で、通常の保険証を奪還した経緯を持つ者です。

国保を本来あるべき姿に直すために、また困っている方々のために、いっしょに考えて、勉強して、運動をして行きませんか?
スポンサーサイト
     テーマ:福祉関連ニュース
     ジャンル:福祉・ボランティア
Posted on 19:29:02 «Edit»
  tb: (0)    com: (0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。