04< 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.>06

国民健康保険でお困りの方いませんか?国保料の滞納で資格証や短期保険証でお困りの方の力になれればと思いブログを作りました。一人で悩まずに、いっしょに頑張りましょう。

みんなが安心できる国民健康保険

 このページの記事一覧 
--
--/--
--
Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted on --:--:-- «Edit»
  tb: --    com: --
2008
10/30
Thu
Category:国民健康保険

これからどのような対策を打つのか 

大阪社保協さんの昨日のブログで、今日中に厚労省から国民健康保険資格証全国調査の結果を発表するそうです。(もうすでにあったのかもしれませんが)
当初10月の中旬頃に発表と聞いていましたが、ずいぶんと遅くなりました。遅くなった理由はわかりませんが(選挙がらみもあったのかもしれません)、調査の結果が出るそうです。
今回は特に「子どもの資格証(無保険)」に注目が集まっており、厚労省がどのような対策を正式に打ち出すか注目です。朝日新聞などの報道では、子どもに対する資格証は止めるようにして、代わりに1ヶ月間だけ有効の短期保険証を交付するそうです。しかしこの対策では全く意味をなしません。1ヶ月の短期保険証では、毎月役所に行って保険証を更新しなければなりません。毎月役所に行って「保険証の更新に来ました」と言って、「はい、そうですか」とはいきません。そこで色々難癖を付けられ、「いつになったら払うんだ」とか「差し押さえするぞ(数千円の生活費まで差し押さえる自治体があるそうです)」とか「お前のせいでちゃんと払ってる人が迷惑してるんだぞ」とか、それはサラ金の取立てでもしないような脅しをかけてきます。そんなところに毎月行くようでは、大人が精神的に参ってしまいます。1ヶ月の短期保険証、なんてセコイことをしようとするのでしょう。


今回の子どもの無保険の問題について、発表される数字の重みもさることさがら、これからどのような対策を打つのかが問題です。私は1ヶ月の短期保険証なんてまったく無意味と思います。子どもには(大人も)無条件に通常保険証を交付すべきです。国保は共済や民間の保険とは違います。国が責任を持って制度を維持する義務があります。そのために税金を払っているのです。国税当局は「税金は社会の会費のようなもの」と言っています。ならば会員(国民)が困っているなら、この会費使って救ってあげるのがスジではないでしょうか。役人や議員の天下りや利権に貴重な会費を使って欲しくありません。


厚労省が正式にどのような対策を立て実行するよう自治体に指示するか、私たち国民はしっかりと見ていかねばなりません。
スポンサーサイト
     テーマ:福祉関連ニュース
     ジャンル:福祉・ボランティア
Posted on 17:04:41 «Edit»
  tb: (1)    com: (0)
 コメント 
 コメント投稿 
管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック 


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

じいちゃんの健康保険と年金私(サラリーマン)には、じいちゃんとばあちゃんがいます。 じいちゃんは65歳で年金のみの収入です。(年80万円ぐ...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。