FC2ブログ
07< 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.>09

国民健康保険でお困りの方いませんか?国保料の滞納で資格証や短期保険証でお困りの方の力になれればと思いブログを作りました。一人で悩まずに、いっしょに頑張りましょう。

みんなが安心できる国民健康保険

 このページの記事一覧 
2008
11/28
Fri
Category:日記

何だ、お金あるじゃん 

麻生総理が定額給付金をぶちまけてから随分と時間が過ぎました。当初は、年内に貰えるのかな、なんてちょっぴり嬉しかったけど・・・。我が家は子供が多いので、総額で10万円以上になります。でもこの定額給付金の雲行きが怪しくなってきました。
政府や自民党、公明党は、社会保障や医療問題にもっとお金を使って欲しいという声を無視して、必ず「金が無い、財源が無い」と言ってきましたが、総額2兆円ものお金がすぐに出てくるではありませんか。
2兆円あればどんな事ができるでしょう。調べてみました。


後期高齢者医療制度の廃止・・・2,700億円
年金など給付金引き上げ・・・2,260億円
子供の医療費を無料化・・・1,500億円


総額で6,500億円ほど。2兆円あればこれらの財源の3年分です。しかもこの財源は「埋蔵金」を使うとの事。あれ?たしか「埋蔵金は存在しない」と自民党のどなたかが言っていた様な気がしますが。やっぱり「埋蔵金」あったんですね。
見つかってしまったら「埋蔵金」ではなくなってしまうのかな?


小泉改革以来、何かというと「日本は金が無い」「何処に財源があるんだ」と政府与党は呪文の如く言っていて、民主党などの野党の政策に対して必ず「財源はどうするんだ」と言っていましたね。
でも2兆円ものお金が、ポンッと出てくるんですね。自民党って「摩訶不思議」な所だと思いました。


正直言って定額給付金は、我が家にとっては嬉しいものですが、いろいろ考えてみたら、あんまり有難い物ではないなぁと思っています。正直言って10万円くらいでは子育ては楽になりません。それより子供の医療費無料化の方が、どんなに助かる事か。


社会保障の財源をなおも抑制しようと圧力かける財務省、厚労省。
そもそも財務省は国民のお金を預かっているだけの所なのに、彼らの言っていることを聞いていると、まるで自分で稼いだお金のような言い分ですよね。この財務省の態度、非常に腹が立ちます。


定額給付金なんて辞めて、その分社会保障にお金を使ってもらった方が、よっぽど日本社会の将来の為と思うのですが。
だって「お金、あるじゃん」。
スポンサーサイト



     テーマ:政治・経済・時事問題
     ジャンル:政治・経済
Posted on 19:35:40 «Edit»
  tb: (0)    com: (0)
 コメント 
 コメント投稿 
管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック