FC2ブログ
07< 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.>09

国民健康保険でお困りの方いませんか?国保料の滞納で資格証や短期保険証でお困りの方の力になれればと思いブログを作りました。一人で悩まずに、いっしょに頑張りましょう。

みんなが安心できる国民健康保険

 このページの記事一覧 
2009
02/22
Sun
Category:日記

経営責任はないのか 

今年も春闘の季節になりました。
サラリーマンではない私には、直接は関係ない話なのですが、しかし組合側の要求に対する経営側の誠意の無い回答には頭にきますね。
このような未曾有の経済危機なので、「賃上げは論外、実質ベアダウンだ」というのは分からなくも無いのですが、昨年まではどうだったのでしょうか。
日本の大企業は空前の利益を上げて、役員報酬や株主への配当は増えていったのに、働く人(労働側)の給料はこの10年間で企業の業績に反比例して下がり続けています。そのくせちゃっかりもうけはヘソクリして、内部留保は過去最高額、株主への配当は増額、ふざけるなと言いたいですよね。


今回の不景気、アメリカのサブプライムとやらのイカサマが発端でした。日本はこのイカサマに騙された人は諸外国に比べて少なかったはずで、当初はそれ程問題視されてはいませんでしたが、拝金経営者が内需をないがしろにして、労働者の賃金を引き下げ、雇用を奪い、福祉や医療を切り捨てました。その結果、大した怪我にはならなかった物が重症化して大怪我になってしましました。


トヨタもキャノンもパナソニックもソニーも、何処の経営者も考えた事は自分の懐を肥やす事と株主など一部の金持ちを優遇する事。今回の不景気について、経営者の内需をないがしろにした経営責任は問われないのでしょうか。


私は経営者は切腹者だと思うのですが。給料を下げて、雇用を不安定にする前にするべきことがあるでしょう。まずは経営者が腹を切って、今まで溜め込んだ財産を国民と国のために吐き出すべきではないでしょうか。それでも足りなければ給料の引き下げもベアダウンも仕方がないと思いますが。
法人税も下げてもらって、消費税も還付されて、それを自らの懐を肥やす為に使ってきた大企業の経営者は、いますぐ責任を取ってもらいたいと思うのですが。
めざしの土光さんが泣いています。
スポンサーサイト



     テーマ:政治・経済・時事問題
     ジャンル:政治・経済
Posted on 17:58:16 «Edit»
  tb: (0)    com: (0)
 コメント 
 コメント投稿 
管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック