FC2ブログ
07< 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.>09

国民健康保険でお困りの方いませんか?国保料の滞納で資格証や短期保険証でお困りの方の力になれればと思いブログを作りました。一人で悩まずに、いっしょに頑張りましょう。

みんなが安心できる国民健康保険

 このページの記事一覧 
2009
03/07
Sat
Category:国民健康保険

NECも撤退 

先月末でパイオニア鹿児島工場(出水市)が閉鎖された。一時はソニーが従業員ごと工場を買い取る話もあったが、昨夏以降の急激な景気悪化で頓挫、そのまま閉鎖となり何百人もの雇用が奪われた。そして今度はそのパイオニアの工場と同じ敷地にあるNEC鹿児島工場が今年末に閉鎖されると言うニュースが追い討ちを掛けるように流れ、地元では激震が走った。約400人の従業員はNECの秋田工場への配置転換を図るとしているが、パイオニアのときと同様、多くの人が鹿児島に残る道を選び、おそらく失業するであろう。このようなニュースが流れるといつも思うのだが、せめて雇用だけは守れないものかと思う。


何故なら失業すると、その日から健康保険、年金などが重くのしかかる。私も脱サラをしたが、国保税を年間で50万円くらい払わされた。そして国民年金。当時は夫婦2人で26,600円を毎月。収入が無い時期にこんなに払える訳が無い。


パイオニアもNECもこのところの景気の悪化は分かるが、撤退ではなく休業という形に出来なかったのだろうか。休業中はせめて6割くらい給料の保証をして、雇用を継続できなかったのだろうか。企業と雇用関係にあれば健康保険も労使折半、収入に対する負担は国保比べて格段に安い。年金も負担が少ない。これだけでも従業員はかなり助かると思う。大企業はいままでの好景気の恩恵をたっぷり受けて、たんまり内部留保を抱えているではないか。こういう時こそこのお金を使って欲しかった。


多分パイオニアもNECも用地取得から固定資産税など面で地元からの恩恵をかなり受けていると思う。もちろん両企業とも工場閉鎖と言うことは、苦渋の決断であったとは思うが、もう少し従業員とその家族の生活を考えてはもらえないのだろうか。


行政も地元では衝撃的な大きなニュースなので分かってはいると思うが、職を失ったパイオニア、NEC従業員に対して、国保や年金の減免処置を積極的に説明して、少しでも負担が少なくなり、生活を維持できるようにして欲しい。
少なくとも「市のHPに書いてある」とか「申請しないお前が悪い」とか「聞きにくれば教えてやる」というような従来のやり方はしないで欲しい。


行政の窓口の仕事は「住民サービス」である。
スポンサーサイト



     テーマ:政治・経済・時事問題
     ジャンル:政治・経済
Posted on 19:12:19 «Edit»
  tb: (0)    com: (0)
 コメント 
 コメント投稿 
管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック