FC2ブログ
07< 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.>09

国民健康保険でお困りの方いませんか?国保料の滞納で資格証や短期保険証でお困りの方の力になれればと思いブログを作りました。一人で悩まずに、いっしょに頑張りましょう。

みんなが安心できる国民健康保険

 このページの記事一覧 
2009
03/29
Sun
昨日「何かおかしい 高速道路1000円」と言う題でブログを書いたところ、「信号、バッテン!~鉄道旅行記や鉄道写真など~」のTAKU E231さんからトラックバックを送っていただき、そのブログを拝見した。TAKU E231さんは鉄道ファンで(私も往年の鉄ちゃんで結構楽しいブログだった)、今回の1000円乗り放題が、鉄道に及ぼす影響について危惧されていた。JR西日本では、1000円乗り放題にあわせて「新幹線割引切符」を発売している。今回の1000円乗り放題は、鉄道に限らず、航空、高速バス、フェリー業界などにも影響があることが危惧されている。


このことは官による特定業界の支援と言わざるを得ない。たしか政府与党は昨年の原油高騰のあおりを受けていた農業、漁業業界からの支援要請に対して「特定業種への支援は公平性に欠く」と言っていたはずだ。なのに今回は官による不公平な特定業界への支援、しかも競合する他業界への悪影響が懸念されるような支援策だ。昨日も書いたが、トヨタとキャノンが本業が振るわないから、別な方法で支援したのかと疑いたくなる。
高速無料化は民主党がとっくの昔に言っていた事だ。そのとき麻生総理はおきまりの「財源が無い」と言って却下したはずだが、実質無料に近い1000円乗り放題の財源は何処にあったのだろう。麻生さんは不思議な財布を持っているようだ。


1000円乗り放題と言ってもETC車限定の政策。助成金があると言ってもETCの取り付けには最低でも10000円以上もかかり、さらにガソリン代を使って遊びに行ける余裕がある人たちに対する支援より、今日明日の生活に困窮している人たちへの支援がまず先ではないか。職を失った人、年金が減って生活が苦しいお年寄り、お金が無く医者に行くのを躊躇っている人たちなど、何とか支援の手を差し伸べなければならない人たちがたくさんいる。少なくとも今回ETCをつけて高速に乗って遊びに行った人は今日明日の生活に困っている人はいないと思う。


私は土日祝日関係なく「仕事」。助成があってもETCをつける金が無い(というか高速に乗る機会がないので不要)ので、高見の見物だが、1000円乗り放題のとばっちりを受けた業界の今後が気になる。運輸業界は昨年の原油高騰で体力を削がれているところが多いと聞く。特にフェリー会社は青色吐息の会社が多いようだ。政府はどうするつもりなのだろう。


1000円高速乗り放題の恩恵を受けて遊びに行った(行こう)という皆さん、どうか選挙では今までの政治家の発言や行動を良く見て、懸命な判断をして下さい。定額給付金も同様だが、選挙対策の無意味なバラマキは、必ずそのツケを払う事になる。そしてこのツケは必ず国民、しかも富裕層にではなく、庶民に押し付けるはず。今までの自民公明がやってきた政治は振り返れば一目瞭然である。与党の国民への「ご機嫌取り」に騙されてはいけない。
スポンサーサイト



     テーマ:政治・経済・時事問題
     ジャンル:政治・経済
Posted on 09:09:54 «Edit»
  tb: (0)    com: (0)
 コメント 
 コメント投稿 
管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック